粗大ごみや不用品の回収に掛かる費用

粗大ごみはこう処分するとよい

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

粗大ごみの処分の方法と料金について

不用品回収業者と地方自治体でやっている粗大ごみの回収サービス。 この2つには決定的に大きな料金の差があります。 料金だけで見ると自治体の勝利です。 ですが、サービス内容を見ると回収業者なんです。 少しサービスの差も書いています。 違いを見比べてください。 続きを読む

料金が違うのはここが違う

家でいらなくなった粗大ごみや不用品。
この処理に悩んだいる人もいると思います。
今回は処理の仕方をと費用、メリットまで全てあげてみようと思います。

まず、いらなくなった不用品や粗大ごみ。
これらを処分するのにどこに連絡しますか?
方法は2つあります。

ひとつは不用品回収業者です。
この企業は民間でやっているものです。
民間ならではのスムーズなサービスが受けられるのも人気のひとつですね。

これに対し、地方の自治体の回収サービスもあります。
いわば行政でやっているサービスですね。
地方自治体の回収サービスの強みは料金の安さです。

これだけですと、料金の安い地方自治体に頼みたくなります。
ですが、それぞれメリットとデメリットもあるのです。
料金だけで決めてしまうと後々から痛い目に合ってしまいます。
この2つの特性をよく理解して自分に合った方に頼みましょう。

また、いらないものを処分するという意味では必ずしもごみとして出さなければならないわけではありません。
最適な方法としてリサイクルショップに引き取ってもらうという方法もあります。
ものが壊れていない、まだ使える、需要があるというのが大前提にはなります。
壊れていないものでしたらもしかしたらリサイクルショップが引き取ってくれるかもしれません。
これで引き取ってくれるのでしたら、処分する手数料はかかりませんね。

不用品や粗大ごみの処分の概念からはずれた方法ですが、これはこれでよいと思います。

処分手数料が安くかからない方法

粗大ごみの処理費用を考えた時にできるだけ安く済ませたいと思うでしょう。 ですが、料金だけ見て選ぶと悪徳業者にひっかかることもあります。 あとから知らない追加料金を請求されたりもする恐れもあります。 では、どの方法が一番処理手数料が安く済むか。 リサイクルショップに引き取ってもらうのがよいでしょう。 続きを読む

民間と行政の違いについて

不用品回収業者のメリットと自治体のメリットについてまとめています。 やっているサービスにそれぞれ特徴があります。 その特徴をよく知ってからどちらに頼むか決めて下さい。 決して料金だけで決めてはいけません。 どちらもできることに限界があります。 どちらに頼むのが有益でしょうか? 続きを読む

▲トップへ戻る