処分手数料が安くかからない方法

料金で選ぶのは危ない

不用品回収業者の料金は自治体に比べると確かに高いです。

ですが、さきほどご説明したサービスを考えるとそうでもないように思えます。
そのサービスを歌って料金を著しく低く提示している業者もあります。
料金だけで回収業者を選ぶのは得策ではありません。

なぜならば、その醍醐味である運搬が荒く自宅を傷つけられる恐れがあります。
また、あとから追加料金を請求されたり、回収してもらったはずの粗大ごみを不法投棄されることもありえます。
そんなことされたくありませんよね。

そうならないためには複数の業者から見積もりを取り、相場を確認しておくこと。
さらに相場より低い場合はネットでその会社の口コミを見て判断するのも良いです。
悪徳業者に捕まらないための秘策です。

リサイクルショップに出してみる

まだ使えるもの、需要がありそうなものはリサイクルショップに出すのも良いです。

これも民間の企業ですから日にちにも融通が効きます。
買取査定の日がこちらの都合の良い日に設定できるのです。

また、粗大ごみとして出せないエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコンも買い取り対象です。
ごみとして規制があるものまで引き取ってくれるのでリサイクルショップはとても有益といえます。
なにより粗大ごみが現金に変わるのが嬉しいですね。
ごみとして出すと手数料や回収料がかかるのですが、これはそれがかかりません。
それどころか手元にお金として帰ってくるのです。
嬉しいですね。

ですが、注意することもあります。
それは全てを引き取って貰えるわけではないということです。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る