民間と行政の違いについて

融通の利く業者

不用品回収業者の利点は融通が効くことです。

言えばすぐ持って行ってくれることが最大の魅力です。
ごみセンターへの連絡もいりませんし自分で持って行かなくても良いということです。

ただし、デメリットとして自宅まで回収に来てもらうと出張費用がかかるということです。
また、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコンといったリサイクル法に入っているものは持って行かない場合もあります。
その費用は別途かかります。

料金を安く抑えるためにその業者の料金形態を見ておく必要がります。
1品ずつの回収とまとめて持って行ってもらうタイプと大体2種類です。
事前に見積もりを出してもらい、よく話をした方がよいでしょう。
見積もりを複数とって良いところに頼んでみてください。

自治体の安さとは

一方、自治体の武器はその安さと正確に処分してくれるという信用でしょう。

不法投棄はしないという絶対の信頼が大きな魅力です。
それに加えて料金の安さも魅力ですね。

ですが、安い分いろいろを手間がかかります。
まず、不用品回収業者のように自宅まで回収に来てはくれません。
また、ごみセンターに連絡してからの処分となります。
そこまでは自分でゴミを持って行かなくてはならず、重労働です。
日にちも決められませんし、指定日に持って行かなくてはなりません。
また、指定日より早く出すわけにはいかず、最短で当日の朝になります。

これらのデメリットを背負うことにより料金を安くあげることができるのです。
やはり、安ければ安いだけ何かあるんですね。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る