粗大ごみはお金がかかってしまう

ごみはごみでもお金のかかるごみ

粗大ごみの処分方法についてまとめています。
家庭ごみのようにごみ捨て場にただ持って行っても引き取ってはくれません。
おいてきてもずっと放置されて近隣の自宅の迷惑になります。
では、どのように処分したらよいのでしょうか。
リサイクル法にのっていないものは大体引き取ってもらえます。

引き取ってもらうことばかり考えていてもいけません。
頼む会社やサービスによっては引き取るまでに時間がかかるところもあるのです。
一体、どこに、いつ、どのくらい、引き取ってもらいうかも考えないといけません。
その大きなサービスをしているのが民間の業者と自治体の行政です。
この2つにどこが違うのか、どこがメリットでどこがデメリットなのか、詳しく書いています。

手数料を安くするには

粗大ごみは大きな財産だという考え方もあります。
ただごみとして出すだけではなく現金に変える方法もあります。
そのリスクも一緒にご掃紹介しています。
ただごみとして出すと多額の手数料がかかるごみですが、ただで引き取ってもらえ、なおかつ現金に変わることになると嬉しいですね。
この方法はリサイクル法に入っているものも一緒に処分ができることもあります。

また、現金化まで至らなくてもできるだけ安く処分したいと思うものです。
ですが、その気持ちの隙間に入り込んだ悪徳業者がいることも確かです。
では、どうしたら悪徳業者にひっかからないで済むのでしょうか。
その秘策も一緒にご紹介しています。
是非熟読してください。
そして自選すればきっとひっかからないです。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る